教室理念


教室で身につけたい3つのチカラ

①基礎は楽しくかつしっかりと覚える!

導入期は基礎が大事です。しかしただ弾いているだけでは基礎は身についてきません。

歌う、弾く、読む、書く、作る楽しみながら覚えていきます。

教室で使うバスティンシリーズは導入期のお子様にぴったりなテキストです。

特に楽譜をしっかりと読むことを目標にしています。

楽譜が読めると色々な曲に自らチャレンジしようという気持ちが生まれてきます。

基礎はすぐにはつきませんが毎回のレッスンをコツコツと行うと自然とついていきます。

毎回のレッスンを楽しめると、お家でも練習やってみよう!頑張ろう!と思うようです。

そしてコツコツ頑張った成果は教室に張り出されているできた表に記していきます。


②自由に演奏でき表現する

では譜面だけを見て弾ければ満足するでしょうか?

自分の想いを伝えられる演奏ができるといいですね!

講師側がここをこうしたら?の一方的なレッスン展開にはしません。

その曲に対して自分はどう弾きたいのかを一緒に考えます。

導入の生徒様はテキストの絵をみてイメージを膨らませたり、小学生以上の生徒様はレッスンノートに想いを書いてみたりなどしています。

またたわいのない会話をしながらその日の生徒様の様子を見てレッスン内容を決定するときもあります。

これらすべて現在勉強中のコーチング(※参照)という手法を取り入れてレッスンを進めています。

コードネーム奏も自由に演奏できる手段のひとつです。

小さなお子様はドレミをABCで言うことからスタート!後にコードネームにも繋げていきます。

シニア初心者の方は楽譜が読めなくても簡単にコード(1音から)が覚えられ、自由に伴奏をつけて弾いたり連弾風に弾いたりしていきます。

 

 コーチングとは?対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法

③音をよく聴く

自分の音を聴くこと、人の音を聴くこと・・どちらも大事です。 

教室ではグループレッスンを取り入れてます(大手音楽教室の経験を活かしています)

普段は先生との連弾や他の楽器の音源に合わせるのが主体ですが、グループレッスンではお友達同士で連弾などしたりすることで、より一層音を注意深く聴くようになります。

また発表会ではアンサンブルもありますので、連帯感も自然と生まれてきます。